糖尿病とは – その後3年経過の糖尿病について(6)

 

糖尿病と診断されたら、どうしよう?

と思ってしまいますよね。
 

でも、ご安心下さい!

必要以上に安心してもいけませんが、必要以上に心配するのもよくありません。
 

生まれながらの1型は別として、後天性の2型糖尿病の場合は、

ほとんどが完治しないまでも、改善はします。
 

ちょうど、汚れた川の水が、美しくなるのと同じ原理ですね。
 

つまり、どんどん汚れた物質を流し込む限り、いつまでたっても

その水質は良くなりませんが、汚染物質を流さず美しい水だけを

流してやれば、やがて川の流れ全体が美しくなってきます。
 

若いうちは、インスリンという浄化作用が強いので、それほどでも

ありませんが、加齢と共にその浄化作用がどんどん弱くなっていく

のに、同じように汚染物質を流し込んでいることが糖尿病の原因

なのです。
 

その汚染物質の親玉が炭水化物ということになるんですね。
 
     
 

なので、加齢とともに炭水化物の摂取量を減らすことが糖尿病対策、

糖尿病と診断された人は、それが改善策になるのです。
 

とは言っても、川が埋まってしまうほど汚れてしまっては手遅れになります。
 

埋まってしまう前、すなわち脳梗塞、心筋梗塞、人工透析、失明といった

合併症を発症する前にやらなければなりません。
 

私も、空腹時血糖値240~250から、3年で110周辺まで安定

させたのは、炭水化物を減らしたこと。

ただそれだけのことです。


本日の空腹時血糖値 108(いい感じかな)

 
 
 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

NEOノンバトルアフィリエイト(超)


もうダマされたくないなら
⇒詳細はこちら

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
終了しました

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る