成功する人は心にゆとりがある!

 

始めた翌月から月収100万円というキャッチャーな言葉にワクワク
する人は、その夢が現実に叶うことはありません。
 

それは、種を蒔いてすぐに収穫を期待しているようなものだからです。
 
   
 

あなたが今の仕事に、少し慣れたかなと思ったのはいつ頃でしょう?
 

おそらく3年、5年、それ以上の年月をかけて習得してきたに違いあ
りません。
 

なのに、それがネット上であれ、リアルの世界であれ、新しく始める
ことに、わずか1ヶ月で100万円も稼げるようなスキルなど1つも
あるはずがないのです。
 

知識をつけ、経験をし、スキルを磨いて、やっと少しのお金に換える
ことができるのがビジネスなのです。
 

植えた種に水をやり、てまひまかけてはじめて実ができます。
 

どのようなビジネスでも、時間がかかるのが普通なのです。
 
と言えば、な~んだ・・・
 
と諦めてしまう人も多くいますが、だからと言って、何もやらなけれ
ば、何も始まりません。
 

正しいノウハウや理論に基づいて、少しずつ階段を上がることが正し
いビジネスの姿だと思う人は、いつの日か必ず成功します。
 
  
 

それは、行動すれば、必ず結果が伴い、その行動が正しければ成功し、
間違っていれば改善し続けることで、必ずいつかは成功に結びつくこ
とができるからです。
 

ビジネスとはそのようなものであると、短期的欲求を刺激するような
甘い話にワクワクするのではなく、焦らずゆっくり知識を蓄えること
に興味を持って下さい。
 

そこのところがクリアできれば、あなたはどのような世界で、どのよ
うなビジネスをやろうと、必ず成功することができるのです。
 

ビジネスで成功するとは、「わからないことを辛抱強く学ぶ」という
ことに他ならないのです。

 
まわりみち
 


⇒NEOノンバトルアフィリエイト(超)
 
 

 

成功エネルギーを掴む方法!

 

あなたはエネルギーという不思議な力をご存知でしょうか?
 

普通は目に見えないものですが、そのチカラを感じたことがある人
も少なくはないと思います。
 

目に見える現象としては竜巻や台風のエネルギーは凄まじく、周り
のものも巻き込んで一緒に持ち去って行ってしまいます。
 

 

ちょうど同じようなチカラが成功している人にも起こっていて、そ
の人の周辺にいる人も、一緒に上昇気流に乗ってしまう傾向にあり
ます。
 

俄かに信じられないかも知れませんが、残念ながらそのような人は
まだ竜巻のような上昇気流の人にめぐり合えていないのです。
 

見えない世界の話なので、信じ難いかも知れませんが、爆発的な成
功を収める人は、まちがいなく周りの人も引き連れて上昇させてし
まう力を持っています。
 

あなたが長い間、1人でコツコツと努力し続けていても成功できな
いなら、短期間で爆発的な成功を収めている高いエネルギーを発し
ている人を探し、可能な限りその周辺にいることです。
 

それだけのことでも、想像外の成功を手にすることができるように
なる可能性が極めて高いのです。
 

人が成功するということは、社会に影響を与えるようなエネルギー
を放出しながら上昇しているからです。
 

 

もし、あなたが、この目に見えないチカラの法則に気付いていない
なら、ぜひ意識してそのような不思議なチカラに目を向けてみて下
さい。
 

それ以後のあなたのビジネスは飛躍的に成功するはずです。
 

もちろん、このエネルギーはマイナスに向かって発散させている人
もいて、相手を間違えると、人生のどん底を見ることにもなります
ので、決して近づいてはいけません。
 

プラスのエネルギーであるのかマイナスのエネルギーであるのかを
まず見極めて、いい影響を受けることができる人にピッタリと寄り
そうことが、成功エネルギーを掴む最良の方法です。

 
まわりみち
 
自由な人生を手に入れる教科書・無料DL
 
 
 

成功したければビジネス戦略を間違えないことが大事!

 

ビジネスのすすめ方には、大きく分けて3つの戦略があることをご存
知でしょうか?
 

3つというのは、創造・効率・顧客のことで、創造とは常に新しいも
のを生み出し、個性あふれるビジネス展開をすすめることです。
 

効率とは、効率の徹底化をはかり限界ギリギリの価格とサービスで展
開するビジネスを言います。
 

顧客とは、まさしく「お客様は神様」扱いのビジネス展開で、とにも
かくにもお客さまのことをひたすら考えるビジネス展開です。
 

ビジネスの展開の仕方としては、このように分けられますが、だから
と言って、どれが良いとか悪いとかいうものでもありません。
 
  
 

ポイントは、「どれを選ぶか」ということで、それぞれの良いとこ取
リをしたビジネス展開が成功することはないということです。
 

例えば、効率戦略を行うホテルでベルボーイがいたりすると、それは
客にとっても経営者にとってもマイナスでしかありません。
 

そのようなホテルに泊まる人は、ベルボーイなど必要としていなし、
経営者も余分な経費がかかります。
 

つまり、顧客戦略の良いところを効率戦略に取り入れても成功しない
ということなのです。
 

どれを選ぶかを慎重に考えて、スタートしたら、他の戦略に興味を持
たないことです。
 

うす汚れた定食屋がいつも行列で待つ人が気の毒だからと、三流コン
サルタントの意見を聞いて、美しく寛げる空間に改装した途端に客足
が減ったという話も珍しいことではありません。
 
  
 

そこに並んで行列を作っている人達は、それもひっくるめて、その定
食屋のファンなのです。
 

美しいレストランでゆっくり食事をしたい人は、また別のジャンルの
お客であるということをしっかり覚えておかなければなりません。
 

他人が何と言おうと、ビジネス戦略には3つの種類があり、ビジネス
を継続して勝ち抜くためには、どれを選択しても、ずっとその姿勢を
守り続けることに他ならないのです。
 

今流行のネットビジネスにしても、戦略的には多少の違いがあります
が、自分がこれと決めたことをやり遂げることが、成功への最短距離
であるということを知っているかどうかで、ノウハウコレクターや詐
欺商材に引っ掛かるようなこともなくなります。
 

アフィリエイトの場合は、顧客戦略でいいのかなと思います。
ただひたすら「お客様のためになること」に徹してみて下さい。
 

⇒NEOノンバトルアフィリエイト(超)
 
 

 

松下勝さんの「 完全招待制コミュニティPEACE(ピース)」検証結果!

バイナリ-オプションの高額塾です。

バイナリ-は、確かに誰でも簡単に始められますが、
簡単に儲かるかというと、そういうものでもありません。

経験を積んだプロの投資家でも、せいぜい勝率7割程度!

初心者対象の根拠のない、いわゆる戯言です。

 
まわりみち
 
自由な人生を手に入れる教科書・無料DL


 
 
 

ビジネスライティングの正しい評価は数字に聞く!

 

いわゆるビジネスで書く文章に技術やテクニックは不要と言われて

いますが、それはある意味正しいかも知れません。
 

だからと言って、いい加減な単語を並べておけばいいという意味で

はありませんが、小説家のような吟味され洗練された文章である必

要もないということです。
 

つまり、他の人が読んで、どう評価するかではなく、どれほどお金

を稼ぐことができるかが最も大切だからです。
 

いくら素晴らしい文章を書いても、それがお金につながらなければ

ビジネスの世界では、ただのゴミでしかありません。
 
     
 

では、あなたの書いた文章がどのように評価されるか知る方法はと

いうことですが、それはずばり一般の評価を得ることです。
 

下手なコピーライティングの勉強にお金をかけるなら、広告を打っ

てみるとか、SNSに投稿してみるとかして、どのような数字とな

って返ってくるかを知ることから始め、その答えに基づく実践での

ライティング力強化が一番の近道です。
 

あなたの書いた文章を、あなたの周囲の人にたずねてみても、そこ

には「お世辞、思いやり」といった要素も多く入りこんでいますの

で、あなたの実力を知る役には立ちません。
 

いくら優れた教材で学んだとしても、その教材が優れているだけで

今のあなたのスキルレベルまで書かれていませんし、果たして正し

く学べているのかすらわからないことが多いのです。
 

 

なので、今のあなたの文章力を正しく知る方法は、直接市場に投入

してみることで、正直な答えをダイレクトに受け取ることです。
 

そこには、まだライティングの勉強中だとか、ビジネス初心者だと

かいう言い訳は通じません。
 

あなたの文章がビジネスとして通じるかどうかの評価だけがあるの

です。
 

あなたが、本心から成功したいなら、自分からそのような実戦の場

に身を置くことを念頭におかなければなりません。

 
まわりみち
 


⇒NEOノンバトルアフィリエイト(超)
 
 

 

人気ブログランキングに参加中!

NEOノンバトルアフィリエイト(超)


もうダマされたくないなら
⇒詳細はこちら

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
終了しました

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る