時間とお金の話

 

「時は金なり」という言葉はほとんどの人が

ご存知だろうと思います。

 

これは時間というのはお金と同じくらい貴重で

価値があるというような意味だと思います。

しかし、

 

時間のある時にはお金がない、

お金のある時には時間がない、 

 

というように両方手に入れることはとても難しい

と考えられています。

 

ところがどちらかを使いこなすことで両方手に入れる

ことができるのです。

 

実は「時間」というのはお金よりも重要なものです。

 

過去の時間の使い方が今の自分に直結しているからです。

 

お金を稼ぐのにも時間がやはり必要です。

 

自由なお金が欲しい場合は、

それに見合う時間の使い方が必要になってきます。

 

少し余裕ができたお金を自己投資して時間を作ります。

具体的には、無料レポートをお金を払って誰か

に書いてもらうとその時間が自分のものになります。

そうしてできた時間にメールマガジンの準備をする

という具合です。

 

このようにして次々と必要なことに、お金、時間を

有効利用することであなたのお金も時間もどんどん

大きく膨れ上がって、その結果あなたは

自由にできるお金も時間も手に入れることができ、

本当の意味での成功を手に入れることができるのです。

 

日本では、節約することは美徳とされていますが、

ビジネスの世界ではそれは停滞を意味しています。

 

つまり、お金も、時間も使えないまま現状を維持する

ことにつながります。

 

時間とお金を自分に投資すること。

 

これが、

あなたが未来をつかむために今すぐやるべきことです。

012780

まわりみち
 
3.6%の稼ぐ人になる「ゴールドコース」
 
 
 

Comment

  1. ゆかり より:

    まわりみちさん こんばんは
    ゆかりです。

    時間の使い方、重要ですね。
    全部を自分でやろうとすると徐々に回らなくなります。
    やはり外注が必要になってくるのですね。

    >日本では、節約することは美徳とされていますが、
    >ビジネスの世界ではそれは停滞を意味しています。
    なるほど~
    停滞は退化ですもんね。

    >時間とお金を自分に投資すること。
    勉強になりました。
    限りある時間を有効に活用しなくては
    いけませんね。

    ありがとうございました。
    応援して帰ります。
    また遊びにきま~す♪

    • まわりみち より:

      ゆかりさん、こんばんは!

      最初はなかなかお金で時間を買えないものですが、

      一度その有難さがわかれば結構病みつきになります。(笑)

      餅は餅屋ということですね(^^;

      応援ありがとうございます!(^0^)ノ

  2. マサキ より:

    まわりみちさん

    おはようございます。
    マサキです。

    僕はアフィリエイトを初めてから「時間」の重要性を再認識しました。

    それまではけっこう無駄に使ってました(汗)

    >日本では、節約することは美徳とされていますが、
    >ビジネスの世界ではそれは停滞を意味しています。

    おっしゃるとおりですね。

    ビジネスを大きくしていく場合、投資は必要ですね。

    今年は自己投資することで、
    飛躍できました。

    来年はもっと飛躍させます。

    お互い頑張っていきましょうね。

    応援完了しております。

    また、お伺い致します。

    • まわりみち より:

      マサキさん、おはようございます!

      自己投資と言うと何か無駄使いのような気がする人も多い

      ようですが、それは違いますよね。(笑)

      腰を入れてビジネスに取り組めば、それは必然的なものである

      ということがわかりますし、いつまでも自己投資は不要だという

      人の場合はその人のビジネスそのものを見直す必要があるかも

      知れませんね(笑)

      応援ありがとうございます。(^0^)ノ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る