足るを知る者は富む!

 

これは老子の言葉ですが、

二千数百年の時を超えて私たちの人生にヒントを与えてくれます。

 
満足することを知っている者は、心豊かに生きることができる

と老子は説いているのです。
 
 
独身者は家庭を持つ人を羨み、既婚者は独身者の自由を羨む。
 
つまり、自分の外にばかり目を向けて、自分の内側のことには

目を向けていない「ないものねだり」も足るを知らないということ

になるです。
 
 
では、欲張らずほどほどのところで満足すればよいのか?

と思われるかも知れませんが、実はそれも正しくはありません。

足るを知るということは、妥協して満足するのではなく

今あるがままの自分自身に満足するということです。
 

もちろん欲があるから向上するということもありますが、

どこまで頑張っても、どんなものを得ても、満足せず次々と

欲望を追い求めることは自分が得たもの以上に心を疲れせて

しまうのです。
 
これほど多くのものを手に入れることができた自分自身を

認めてあげることで、心穏やかに生きることができるのです。

012780
まわりみち
 
 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る