80:20の法則

あなたは「80:20の法則」と呼ばれるものをご存知ですか?

 

これは何事においても

重要なこと20%、どうでもよいこと80%で成り立っている

という法則です。

特にビジネスの世界ではよく当てはまります。

仕事の成果を生み出しているのは、わずか20%の活動で、

残りの80%はどうでも良いと言ってしまえば問題かも知れませんが

成果にあまりつながっていない、

いわば無駄な行動ということになります。

 

会社単位でみれば

経営に大きく貢献している社員は全体の20%で

残りの80%の社員はあまり貢献していないことになります。

 

私たち個人に置き換えてみると

私たちの行動にもかなりの無駄があるということになります。

 

成果がでないのは努力が足りないから・・・・

気合と根性で何とか・・・・

 

こういう思考に陥ってしまうとどうすることもできませんが

ビジネスとはそういうものではありません。

 

自分の行動や戦略を見直し

80%の無駄、20%の重要な行動を見つけ

20%の重要なことにエネルギーを集中することが

大きな成果につながることになります。

 

気合を入れて残業三昧、身体を壊すまで

120%気合と根性だけで働いたとしても

あまり意味がありませんし、長続きもしません。

20%に集中する戦略を立てることが大切です。

 

ほんの少し

気合と根性論から離れて

「頭を使う」方向にシフトしてみましょう!

012780

まわりみち
 
3.6%の稼ぐ人になる「ゴールドコース」
 
 
 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る