よくわかるセールスレターの書き方(1)

 

コピーライティングのスキルは自身の報酬にも

直結していますので書き続けることにより

どんどん上達していきます。

しかし、最近のセールスレターの特徴は、

どれも似たようなセリフが連なっていて

「おっ、これは凄い・・・」というようなものが

少ないような気がします。

 

他の人がこう書いているから、同じように

書いておけば・・・的な発想がセールスレター

から読み取れてしまいます。

 

セールスレターはもちろん、インターネットでは

ブログ、メルマガ等、物事の伝達は文章を使うこと

が基本です。

 

他にも画像や音声等さまざまなコンテンツが

ありますが、人の心を動かし、人を納得させる

パワーを持っているのは文章だけなのです。

 

動画だけのセールスレターを作ってみても大きな

売上につながったというような話はあまり聞きません。

 

しかし、逆に文章に動画が添付されるとかなりの

成果が上がっているといいます。

 

一度コピーライティングのスキルを身につければ

一生使えます。

 

しかし、そのための文章を書く能力はあまり必要

ではありません。

 

作家のような美しい文章のセールスレターでは

商品はあまり売れないのです。

 

むしろ文章は下手でもいい、「わかりやすい文章」

であることが大切です。

 

私たちがセールスレターに期待することは読者に

行動してもらうことです。

 

美しい文章は人の心にとまりません。

 

行動を起こさせるためのパワーに欠けるのです。

次回は「返報性の原理」に基づくセールスレターの書き方

をお届けします。

keyboard-621832__180

まわりみち
<ネットビジネス救済プロジェクト>

Comment

  1. yoshihiko より:

    こんばんは。
    美しい文章だけではダメですよね。
    読者が腑に落ちるかどうかを考えて真実を述べることですよね。
    わかりやすい文章、僕も心がけようと思います。
    またお邪魔させていただきます。

    • まわりみち より:

      yoshihikoさん、こんばんは!

      文章って相手が見えないんですけど、
      読んでると何となく書いた人の輪郭が
      見えてくるから不思議ですよね。
      気をつけなきゃ(笑)

      ご訪問ありがとうございました(^^)/

  2. ナミ より:

    まわりみちさんこんばんは!
    ナミです^^

    美しい文章だけではだめ、、

    確かにですね^^;

    下手でもいいから

    読んでくれる相手のことを考えて

    「分かりやすい」文章を書く

    始めたころから意識はしてますが
    ついつい綺麗でうまい文章を書かなければ、、

    そう思ってしまいます^^;

    反省ですね!

    気付きを与えてくれて
    ありがとうございました!

    応援完了ですよ^^

    • まわりみち より:

      ナミさん、おはようございます!

      昔会社員の頃、宛て名を書くのに
      きれいな行書や草書より確実に着く文字を
      書くように指導されたことをふと思い出し
      ました(笑)

      応援ありがとうございます(^^)ノ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
終了しました

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る