別れた恋人とヨリを戻したいあなたへ

 
あなたが別れた恋人とヨリを戻したいとき、お金に換算すれば

いくらの価値があると思いますか?

本当に大切な人なら「プライスレス」ですよね。(笑)
 

でも、一体どうして?

あなたには別れた理由さえわからず、それでもあきらめきれず、

ただ悲しんでいるだけだったら・・・・
 

「まだ元に戻れる望みはあります!」
 

それは、あなた自身が変化することです。

そのためには、別れた理由を分析してみることをスタートに

もう一度元恋人とのデートへ、そして再びあなたの魅力に気付いて

もらうことが大切になってきます。
 

そんなの無理だ!

と思われるかも知れませんが、あなた自身が変化するための手引書が

1980円で売られているとしたらどうでしょう?
 

プライスレスの愛がたった1980円で取り戻せるなら・・・

 
安っぽいと思わないで下さい。

あなたの心の傷を癒すための特別割引価格だとご理解いただければ

いいかと思います。
 

私が書いたものではありませんが、おそらくそのような気持ちで

書かれた指導書ではないかと考えています。

 
確率50%の路地裏の占い師が2000円とするなら、きっとそれ以上

の価値があるはずです。
 

待っているだけではあなたの状況は何も変わりません。

相手が変わってくれることもありません。
 

ならば、あなた自身が変わりましょう!

そのための投資が1980円です。

この下から申し込めばすぐ手に入ります!

あなたの復縁を祈念致しております。


別れた恋人とヨリを戻すには?

まわりみち

東京オリンピックの光と影!

 
東京オリンピックのトラブル続きに海外からも失望の声が

あがっているといいます。
 

そして、財政難やテロ犯罪を警戒して、世界の各国では

オリンピック誘致にも消極的な意見が多く、

夏のオリンピックそのものが20年の東京を最後に消滅する

のではないかという現実味を帯びたうわさが流れています。

 
そのような衰退ムードのオリンピックのなかで、

注目を集めているのが選手村で配布されるコンドームなのだそうです。

 
世界最薄0.022ミリを製造する相模ゴムは0.01ミリ台に

挑戦していると言います。
 

目標は陸上の桐生選手が10秒の壁を突破すのが先か、

相模ゴムが0.02ミリの壁を突破するのが先か、

というあたりにおいているということですが、

どちらもかなりの実現性のある数字だけに期待されるところですね。
 

しかし、このコンドームは12年のロンドンオリンピックでは

15000人の参加者に対して150000個配布されたのだ

そうですが、たった5日で品切れになったのだそうです。
 

1人当たり10個という計算ですが、女性も半分いるとすれば

男性1人あたり20個配布され5日で終了・・・
 

さすがにオリンピッククラスになると体力の規模が違う

ようですが、それでも数々の記録が生まれるというのですから

これはもう我々庶民でははかり知れません。
 

一方の相模ゴムさんでは

均等に薄く仕上げ性感を損なわない技術を磨き続けておられ、

サイズ差への対応も万全で、実現すればロンドン超え確実なのだ

そうですが、0.022ミリで1個500円という高価な商品ですから

0.01ミリ台に突入とオリンピックのご祝儀相場ということもあり

一体いくらの値が付けられるのか気になるところではあります。
 
間違えても神棚に祭るようなことのないように!(笑)


 
まわりみち
 
今までとは”格別”のコンドームを見つけられる!

 

心理学に基づく女性のウエルカムサインを読みましょう!

 
合コンということばが世に現れてから、もうずいぶんと

時が流れましたが、皆さんも1度や2度はそれらしきもの

に参加された経験がおありかと思います。
 

それぞれのメンバーが揃ったところで、各人の紹介や

雑談をしながらも自分の好みの相手を探し出し、

見た目も清楚で自分の理想の女性が目の前に!

しかし、取り付く島もない・・・

これごく普通によくあるパターンですね。(笑)
 

しかし、よ~く観察していると、意外にエロイ女性が

混ざっていることが多いのです。

 
エロイと言えば、すぐさまグラマで肉食系女性を想像した

人は残念ながらテイクアウトできません。

あなたのそばにいる隠れエロ女子なるものを見つけることが

できないからです。
 

隠れエロ女子とは何だ?

と思われた方が多いと思いますが、見分ける方法があります。
 

もともと合コンに参加してる訳ですから、すくなからず彼氏を

ゲットしたいという気はあるはずなのですが、

そんな中でもハッキリした記号があります。
 

女性チームが登場したら、まず髪やマツゲ、ネイルなどを

チェックしてみましょう。
 

バッチリ仕上げて女を強調しているのは「わたしをどうぞ!」という

サインをハッキリ出していると言えるのです。
 

そして、話す機会を得たら、学校の話などをしてみるのも1つの

方法になります。
 

女子校出身なら当たりです。

女子校というのは何だかんだと制約が多く、学校時代は

恋愛経験が少ないため、交際を方法もわからないことが

多く、いきなり体で勝負という人が少なくないのです。
 

特に名門とかいう厳しいしきたりの出身者は積もり積もった

ムラムラが一気に爆発ということも多いと言われています。

 
合コンはやらないけど、女子会はときどきとかいう人も

実は当たりクジということになる可能性が高いのです。

 
合コンに出ないということで、男にはあまり興味がないと

いう一面を見せていますが、実は女子会というのは

その大半が恋バナで、他人の心も身体もあたたまる深い話を

聞いたあとは普通以上に人肌を欲する状況にあるといいます。
 

直近の女子会の話がでたら、彼女の心も身体もあたたまるお話を

ぜひしてみましょう。
 

あと知り合った女性のSNSで自分語りの投稿を発見したら

さっそく反応してみましょう。
 

今さみしいんですという合図であることが多いのです。

あなたの考える方向に向かってどんどん話がすすんで

いく可能性が高いのですよ!
 

いかがでしょう!

何か思い当たるところはありませんか?

あなたの周辺にもエロイ女子がたくさんいるのです。
 
     
 
         まわりみち
 
本当に喜ばれる世界にひとつのフラワーギフト

 
 

モテ男の条件は意外?やはり?これ?

 
我々オジサン世代の若い頃は、俗に3高なんて言いまして

高収入・ 高学歴・高身長がモテ男のゆるぎない地位を確保

しておりました。
 

そのため、たとえ1つでもと努力された懐かしい思い出

を持つ諸兄もおられるのではないでしょうか?
 

あれから失われた20年を経験し、長寿社会の到来で

自身のおじいさん、おばあさんの生活スタイルを間近で

見ているためか最近の若い女性の男性に求める理想が変化

してきているのだそうです。
 

それは逆に考えれば女性の人生感の変化ということに

他なりません。
 

昔は、女性は何歳までに結婚して、子供を産んで・・・

というのが普通の考え方でしたが、

最近は、特に結婚にこだわらない、子供も条件次第で

といった感じになっています。
 

しかし、誰もが避けられない長寿社会という新しく加わった

カテゴリーで生きていく上で、

絶対必要なものは「お金」であるというところは

全世代での共通項になっているのですが、もうすでに老後に

入っている人は試行錯誤の生活中で、その現状からは

誰が見ても自分の将来は安心と思える状況にないということ

でも一致しています。
 

そこで、最近の若い世代の女性の関心事の1つが「投資」という

方面なのだそうです。

 
実に50%以上の人が興味を持っているということなのです。
 

つまり、きっかけさえあれば始めてみたいと思っているのです。

もちろん目的はお金ではあるのですが、投資を始めることにより

自然と世界情勢に興味が出て、ニュースも楽しみながら、

自分の世界観が広がることも大きなメリットだというのです。
 

ここで、タイトルに戻る訳ですが、

そのような女性が多いということから当然と言えば当然ですが、

彼女たちは「お金を生み出せる男性に魅力を感じる」のだそうです。

 
とは言っても、儲かった話をガツガツするタイプではなく

大人の教養としてお金の知識を身に着けるような男性をカッコいい

と思い、スポーツジムのインストラクターのように初心者の自分に

やさしく指導してくれるような男性の出現を待ち望んでいるのかも

知れません。
 

お金を稼ぐ手法を学ぶ、結果彼女もできる、

これってわりと誰にでも平等に与えられたチャンスじゃないですか?
 

折しも、政府肝入りの個人投資家優遇中なので、始めるチャンスは

今かも知れません。
 
     

        まわりみち

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

 
 

増える若年層セックスレスの怪?

 

われわれオジサン世代がどうこういうことでもないのですが

実に3割以上の若いカップルがセックスレスなのだそうで

何とももったいないと思ってしまうのはやはり古い世代

だからでしょうか?(笑)
 

交際したり、同性したり、結婚したりと、

いずれにしても深く付き合い始めて1~2年でそのような

状態に入るというから驚きですね。

一体なんでそのようになってしまうのでしょうか・・・
 

その理由のひとつは、

見た目だけではなく、内面的にも「男性の女性化」「女性の男性化が」

侵攻していることによるのだそうです。

 
結果、若いカップルでは、あらゆる面でリード役を務めるのが

女性の場合が多く、男性の方から積極的に求めることができない

状態になってきているというのです。

 
また、わかりにくいところではありますが、

大きな理由と思われるのは、そもそも二人が男女の仲というより

友達や兄弟化していることらしいのです。

 
なので、お互いが性の対象としてより、良き話し相手、気の合う

趣味友といった感覚が強い傾向にあると言われています。
 

では、お互いそれで納得・満足してそのままでいいと思っているのか

というと、

そういうものでもなさそうで、若年セックスレスのうち80%以上の

皆さんも何とかしたいという気が有り、それなりの努力をしている

とも言われているのですが、

このようなケースでは、女性が解決すべく話し合いの糸口をふりむけても

男性の方が既読スルー状態になってしまうことが多いのだそうです。
 

で、彼女も相手のことを思い、話はそこまで、

ジ・エンドということになるのだそうです。

 
と、一般的な理由付けをするとこのようになるようですが、

まぁ、オジサン世代から言わせていただければ、

普通に男は男らしく、女は女らしくあることが一番の解決策では

ないかと思うのです。

 
男は化粧なんぞをしたりファッション誌を読みあさったりするより、

体を鍛えるようなスポーツに精を出して、より男らしく、

女は居酒屋で騒いだり、コンビニ弁当を買うだけではなく、

部屋の掃除や料理の練習をしたりして、より女らしく、

要するに、男は男としての自信を取り戻し、

女は女としての魅力を取り戻す、

ちょっとした意識の問題であると思うのです。
 

このような風潮を反映したようなテレビドラマもよく放映されて

いますので、ある意味それを地で行くというのもヒントなのかな

と思います。
 

ちょっと前に大ヒットした「逃げ恥」なんかもそうですよね。
 

あのようなドラマが大ヒットするということからしても

まだまだそう捨てたものでもないと思うのです。
 

このような問題は「悩み過ぎない」ことも大切なキーポイント

なんでしょうね。(笑)
 
     
 
         まわりみち

ラブタイムをハッピーに!<ジョン&マリー>

 
 
 

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る