「いつかはクラウン」も・・・・

「いつかはクラウン」というCMでサラリーマンの憧れ、

日本が生んだ日本の中流階級の頂点のための車、

クラウンがマイナーチェンジした。

細かい変更点はもちろんいろいろあると思うが、

衝撃的なのはそのボディカラーと内装色だろう。

 

クラウンに限らず日本車のセダンの代表色は白だった。

特にクラウンのような高級車としての位置づけにある車は

白以外は考えられないほど白が定着していたと思う。

 

ところが今回は12色のボディカラーが追加されたのだ。

オプションなのでお値段もそれなりにクラウンだが、

色名もアカネイロ、ヒスイ、コクヨウ等々、

従来の白特別塗装色プラス〇〇円高というものから

表現方法だけをみても変わろうとする意気込みが感じられる。

 

どの色が主力になっていくのかはわからないが、

カラフルなクラウンが街中を走り回る日が楽しみだ。

 

「いつかはクラウン」から「いつまでもクラウン」

になるのだろうか・・・・

TOYOTA_CROWN_081

まわりみち
 
3.6%の稼ぐ人になる「ゴールドコース」
 
 
 

Comment

  1. こんにちは
    桜井です。

    わたしたちのような小さなビジネスは
    小さくテストするしかないですが
    トヨタのような大企業は
    どんどん新たなものを市場に
    ぶつけてきますね。

    • まわりみち より:

      桜井さん、おはようございます!

      クラウンというあたりがすごいですね(笑)
      売り上げイマイチ、トヨタの歴史そのものということで
      名前を残すべく一番苦しい選択だったのかなと思います。
      ある意味、この種の大胆さがこれからの日本には必要なの
      かも知れませんね。
      コメントありがとうございました!m(_ _)m

  2. キロル より:

    はじめまして
    ランキングから参りました。

    せっかくの高級車をピンクにする勇気が
    ありませんw

    応援完了しました♪

  3. まわりみち より:

    キロルさん、応援ありがとうございます!

    そうですよね~(笑)
    しかし、トヨタは本気でやるところがすごいですよね(笑)
    さて、マジでトヨタの賭けに乗っていく人がどれくらいいるか
    楽しみでもあります(^-^)g

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る