良いノウハウは「ツボ」を教える!

 
あなたはこれまで有料・無料を問わずいくつかのノウハウ教材を

手にされたことと思います。
 

数百ページにわたるとか、十数時間にわたるというPDFや動画を見て、

それを手にした時の気持ちで最後まで集中して理解できたでしょうか?
 

「ボリュームがある=無駄なことが多い」

ということをご存知でしょうか?

 
良いノウハウとは

「理解しやすく、明確な行動につながる」

ということなのです。
 

つまり、ツボを心得ている人が書くノウハウに出会うことが成功への

最短距離ということになるのです。
 

私は、願わくばそういうツボ教材の方が好きなのですが、一般的には

例えば数万円もお金を払ってわずか5ページというノウハウ教材が

送られてきたらどういう感じがするでしょうか?
 

「値段=ボリューム」という考えが主流である限り、優れた指導者であっても

多少は無駄話を交えて作成することになりますが、世の中に出回っている

ノウハウ本というものは、実に90%以上が無駄な部分であると言われています。

 
なので、読破しても結局ほとんど何も残らないということが多いのです。

 
「値段=価値」を見出せる皆さんなら、もうその点はよくご存知だろうと

思いますし、今更と思われるかも知れませんが、正直そこのところに気付いて

いない人が圧倒的に多いのです。
 

ウォ―キングを始めるのに、

なぜウォ―キングが体にいいかという医学的な解説から始まり、

有酸素運動のメカニズムと脂肪燃焼までの詳細を200ページに

親切にまとめ上げられた教本より、今のあなたに必要なのは、

「汗ばむくらいの速度で1日30分程度歩きましょう。」

ということなのです。
 

そして、さらに興味がわいたら、有酸素運動について、脂肪について

学べばいいのです。
 

とりあえず行動するには、「1日30分速足歩行」がわかればいいのです。

 
今日はそんな良い見本となるような実益を兼ねた教材がありましたので

ご紹介させていただきます。
 

200ページの下書きから、この無駄な部分を徹底的に削り、

モテ男に変身するための正に「ツボ」のみの嬉しい本物のノウハウです!

       

心理学とプロファイリングと乙女の感情から確立された
>>>>「モテ男に最短で変身する恋愛術」<<<<

 
まわりみち

 

Comment

  1. きょろ より:

    こんにちわ
    たしかに、つぼをついている教材でも
    数万円だしても数ページのものがきたら
    「・・・」ってなりますね。
    内容は薄くても厚いページのもののほうが
    「勉強した」気になります。

    • まわりみち より:

      きょろさん、こんばんは!

      そうですね、それが人情でしょうか(笑)
      私もいろいろテキストを依頼されて書いてますが、
      どちらかというとボリュームのある方が喜ばれます。

      コメントありがとうございました。(^^)ノ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
終了しました

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る