「俺チョコ」って何だ?

 
バレンタインまであと1週間!

チョコレート売場にはいろいろな人が、さまざまな目的で

集まってきているようです。
 

少し前には「友チョコ」というのが出てきて、もうすでに

定番とも言える存在になってきているのだそうです。
 

女性同士がチョコをプレゼントしあうというものなのだ

そうですが、どことなく納得のできない気持ちも少し

ありましたが、まぁそこはお遊びの世界ということで

あまり深く考えることもありませんでした。
 

ところが、今度は某百貨店では「俺チョコ」というものが

出現したというのです。
 

何となく想像できますが、男性が自分のためのチョコを

自分で買うというシナリオのようです。

 
そもそも、バレンタインにチョコというのも確か

日本色の濃いものだったと思います。
 

本来、海外ではこの日ばかりは女性の方から

積極的に愛を告白するといった意味合いで、

そのプレゼントが日本ではチョコということが

もうすでにおかしな設定でした。
 

なので、「友チョコ」という言葉を聞いたときは、

正直「同性愛者用?」と思ったほどでした。

 
それもやっとスルーできるようになったと思っていたら

今度は「俺チョコ」という新語を見て、

これって、2月14日に国民全員で名目はともかくチョコ

を買って下さいということで、もはやそこには

バレンタインの意味が無くなって、単にチョコレートの日に

なったとしか私には思えなかったのです。
 

商機を活用して成果を上げるのは、多少方向が違っていても

それはそれで微笑ましい気もしますが、本来の意味まで変えて

しまうのはいかがなものかと個人的には考えます。

 
あまり度が過ぎると結局最後は自分の首を絞めることになる

のではないだろうかと思うのですが・・・
 

 

まわりみち
 
【アンリ・ルルーのバレンタイン】=Voyage au Japon 日本への旅=

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る