FXの基本(為替レート)について!

 

私達がテレビや新聞でよく見聞きするものに為替レート

というものがあります。

これは自国通貨と外国通貨の交換比率のこと、

つまりその時のお金の値打ちということですね。
 
     
 

普通は、買い手の希望価格である買い値(ビッド)と

売り手の希望価格(アスク)の両方が提示され

その提示価格で売ったり、買ったりすることができるという

ことになります。
 

つまり、ビッド120円なら、1ドル=120円であなたから

買いますよ!というお客様がいてすぐにその値で売れる

ということですね。

 
また、アスク120.15なら、1ドル=120.15であなたに

売りますよ!というお客様がいて、すぐにその値で買える

ということになります。
 

レートはふつう、市場動向によって常に変化し

また提示する側によっても異なります。

例えば、売る場合が120円、買う場合が120.15

である場合、この売る側と買う側の差額をスプレッド

と言い、常にアスクがビッドより高くなります。
 

このスプレッドは通貨によってはその差が大きいものもあり

それは顧客のコストの1つにもなりますので

取引手数料だけでなく、スプレッドにも注意する習慣をつけておきましょう。
 

為替のレートは、売り手が多ければ下がり

買い手が多ければ上がるというのが基本原理です。

もちろん、政治情勢や金利政策といった要因の影響もありますが

それらは相場動向の判断材料でしかありません。
 
     
 

実際に相場を動かすものは、売り手と買い手の需給バランスのみ

であると覚えておきましょう。
 

>>>FX初心者から上級者まで幅広く選ばれている安心のDMMFX

まわりみち

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る