橋下新党と安倍総理

テレビ番組から政界に進出した大阪維新の橋下徹という弁護士は、

またまた同じ間違いを犯してしまった。

東国原氏にしても、どうして地方政治を全うしてから国政に進出という

あと少しローカルで頑張れなかったのだろうと思う。

 

特に橋下市長の場合は、好き嫌いは別にしても、行動力とカリスマ性

で、他の政治家を大きく引き離しているだけに惜しい気がする。

安倍総理が居るのだから、大阪でもう少し自己主張をしてもらいたかった。

 

安倍総理もそうだが、必ず賛否両論あるので、どちらも必ずしも完璧とは

言えないけど、少なくとも対中国・韓国・ロシアには今の安倍総理以上の

手腕を発揮する人はいないし、橋下市長も破産寸前の大阪を再建できる

のはこの人以外には見当たらない。

 

安倍総理は集団的自衛権という問題、橋下市長は東京グループとの連携問題、

どちらも今やらなくても良かった問題だ。

しかし、悪評高いそれらの行動を差し引いても、これから経済不安に落ち込む

であろう、中国・ロシア・韓国相手には安倍総理の手法は必要だし、

大阪の将来は、やはり橋下徹以外ではありえないと思う。

 

それだけに、安倍総理は総裁再選で一応落ち着いた感じがするが、大阪の

将来はまた古い慣れあい政治に戻るのかと思うと、かなり不安になる。

大阪周辺の人は、橋下市長の次の動きがかなり気になるところだ。

 

まわりみち

images

3.6%の稼ぐ人になる「ゴールドコース」
 
 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る