糖尿病6

 

今日は血糖値管理のお話です。

 

血糖値は極論すれば毎秒変化しています。

血糖値は普通糖尿という言葉がついて初めて意識し始める

ものだと思いますので、血圧に比べて過敏になりがちです。

そして血糖値を下げることばかりに専念することになります。

 

それはどの本や記事を読んでもそのように書かれているから

だと思いますが、それは間違いではなく、正しくもありません。

 

なぜなら、前回も書きましたように血糖値を下げることばかり

に専念した結果、病的に痩せすぎて本来の糖尿以上に精神的に

重病になってしまうからです。

 

安静時に血圧130ぐらいの人が、ちょっと階段を上がったり

電話で口論しただけで軽く200を超えていることはご存知ですか?

 

それと同じで、普段血糖値130ぐらいの人がケーキを食べて

血糖値が200になったとしても、それは原因があり結果がある訳で

当然と言えば当然の話なのです。

 

問題なのはその血糖値が2~3時間後にどのようになっているかです。

 

血圧も階段を上がって少し落ち着いたとき140だと言って大騒ぎ

する人はいません。

しかし、そのまま200で高止まりするとかなり危険です。

 

血糖値も同じです。

糖質を食べて血糖値があがるのは当然で、その後どうなるかが重要です。

 

もちろんそのつど血糖値測定するのが一番ですが、消毒したり採血したり

なかなかいつもできるものでもありません。

 

※消毒までいかなくても、お湯または最低でも水洗いは必要です。

なぜなら、ミカンを食べた手から採血してミカンの汁がついていたり

するだけで一気に高い数値に跳ね上がります。(もちろんミス測定です)

 

だから、私はおおよその自分にとって黄色信号の症状で判断しています。

 

それは200を超えてくると急に眠くなります。

そうすれば、たとえ10分でも体操したり散歩したり、議論のすきな人に

電話したりして糖分の消費をします。

 

200以下に落ち着くと眠気はなくなります。

 

肥ることに重点を置き始めてから瞬間的に200を超えることも多いので

注意していることです。

 

以上、血圧とよく似たことで血糖値が瞬間的に高いと言っても200台の

うちはそれほど心配することでもありません。

 

長くなってきましたので続きはまた次回にしますが、実はこの血圧と血糖値

は密接な関係があります。

次回はそのへんのところを詳しく書いてみたいと思います。

ではまた!

 

diabetes-877512__180

まわりみち
高めの糖が気になる方に【サラシアプラス】

Comment

  1. キロル より:

    まわりみちさん  こんばんは

    寒くなってきました。
    クリスマス いかがお過ごしでしょうか?

    血糖値も血圧も意識しないので
    必要になってくると、管理が大変ですね。

    血圧と血糖値は密接な関係があるのを
    初めて知りました。

    今まで単体のものだと思っていました。

    次回の記事楽しみにしています。

    ぽち!完了です^^

    • まわりみち より:

      キロルさん、こんばんは!

      ぽち!ありがとうございます。

      実は昨夜はとうとう誘惑に負けて、ワインは飲む

      ケーキは食べる、その他いっぱい食べる・・・

      しかも、冷たい雨にホロ酔いということもあり

      散歩も気持ちだけ(^^;

      今朝はやはり170ありました。

      まだまだ修行が足りないようです。合掌 σ(_ _)~

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
⇒ 詳細はコチラから

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る