糖尿病5

 

今回は、糖質制限食により痩せすぎて戻れない人のためのお話です。

 

これから書くことは、一般的な医学書や解説書とはおおよそかけ離れた

内容かもしれません。

しかし、世の中の新しい発見や発明というものは往々にして常識外の

ところから現れることもまた事実です。

 

とは言っても、糖尿には現在の本人の症状や体質の違いがありますので

すべての人に当てはまるものではありません。

 

では、なぜ書くのかといいますと、もともと痩せている人が糖質制限食に

よって更に痩せ、肥ろうと思えば血糖値が心配、少し運動すれば更に

痩せるの繰り返しで、ダイエットで痩せた嬉しいというのとは違い、

それはもう恐怖にちかいものがあります。

 

だからここで私が自分の体験談を披露することで、同じことをするしない

の問題ではなく、そのような恐怖心から少しでも救われる人がいれば

いいかなという思いで書いています。

 

では本題です。

結論は

「肥るためには、ご飯、パンをしっかり食べましょう!」

 

もちろんこれらは炭水化物の親玉のようにどこにでも書かれていますので、

当然血糖値は上がります。

 

しかし、ご飯やパンで上がった血糖値は健常者の2時間とはいかないまでも

3~4時間でもとの数値に戻ります。(食後30-60分の散歩等の運動は

できるだけ続けて下さい)

 

問題なのはお惣菜屋さん、食堂等、いわゆる店で売られているものには信じられ

ないほど砂糖が使われていて、それを食べることです。

そしてこれらを少量でも食べると半日ぐらいは血糖値は高いままです。

よく行く回転すし等もものすごい砂糖が含まれています。

 

だからできる限り、自分でゴマ油、塩、みりん等を駆使してできるだけ糖分を

入れない食事作りを心がけて下さい。

塩と砂糖を混ぜることで甘く感じさせる味覚のテクニックで上手に料理して下さい。

 

どうしても回転すし等へ行かなければならない場合は、食前食後に運動をする

ことでかなり改善されます。

 

ご飯、パン(餡やクリームの入ってないもの)中心に、肉や魚、野菜といった組み合わせです。

煮物はできるだけ避けるのがいいと思います。もし作るなら、甘味はミリンが無難です。

果物は甘くても案外大丈夫です。

※直接砂糖の入っているもの以外は結構何でも食べれますのでご安心下さい!

 

最後に雨などで外での運動が厳しいような時には、室内でスクワットをやるのが

とても効果的です。

 

スクワットは、椅子を用意します。

そして体をくの字に曲げながら腰を落とします。

ちょうどトイレの便座にすわる要領です。

しかし、椅子に尻をつけてはいけません。

直前でゆっくり元の姿勢にもどすのです。

これを50回ほどやればかなり効果があります。

食後1時間くらいに始めて下さい。(散歩等も同じです)

 

血糖値との戦いですから、ダイエットのようにリバウンドというようなものは

期待できませんが、1か月くらい様子を見て、血糖値が比較的安定していて

体重も下げ止まったまま動かなければ合格です。

少しずつ増やして行きましょう。

 

私は6か月で57kg⇒63kgまで回復しました。

1年前の75kgからすればまだまだスリムですが、一応外見的には違和感はなく

なってきたようです。

 

血糖値は目立った動きがないので頻繁には登場しませんが、時折また書いてみます。

これを読むことで、必要以上に心配し過ぎることなく、逆に安心し過ぎることもなく

自身の体調管理にお役立ていただければと思います。

ではまた!

movement-1001412__180

まわりみち
高めの糖が気になる方に【サラシアプラス】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気ブログランキングに参加中!

【無料で手に入れるチャンス!】

ダン・ケネディ著作 「小さな会社のためのマーケティング入門」
dan-2 ⇒ 詳細はコチラから

【無料で手に入れるチャンス!】

リッチ・シェフレン著作 「インターネットビジネスマニフェスト」
rc
終了しました

〔まわりみちの提携サイト〕

▲トップへ戻る